災害対策はどの程度するといいのでしょう。これから家を購入するのだったら、まず何よりも、地盤(軟弱地盤の場合には、改良工事による補強が必要となります)のしっかりとした土地に家を建てる、もしくは、買うべきようですね。地盤(建造物の下にある地面のことをいいます)が緩いと、どれほど災害対策をしても余り効果が期待出来ません。それに、その分の費用が余計にかかってしまいます。埋立地などの場合だったら、地震よって液状化が起こってしまい、住宅が損壊してしまったりするケースも多いようです。もし、どうしてもそういった土地に家を建てるのであれば、補償の手厚い地震保険に加入しておくべきです。また、地盤の強弱にかかわらず、耐震構造に優れた工法で建てることも大切なのです。建売の場合であれね、インターネット(たいへん便利ですが、その反面、ウイルスや詐欺などの危険もあります)などを使い、昔その土地がどの程度のところだったかを調査してみるのも効果的な方法の一つです。勿論、プロに依頼したからと言ってよいのですが、利害が絡むような業者さんに頼むと、不必要な工事をするはめになってしまうこともありますから注意してください。地盤(河川の近くや埋立地では、液状化現象が起こることもあります)の強弱以外にも、万一、大きな地震があった時に、津波がくる恐れがないかどうかも確認しておいてください。これも過去の資料などを調べると、ある程度の安全圏がわかります。いざと言う時のことを考えたら、近くに河川や海(最近では、いざという時の避難経路を確認することが推奨されていますね)がないような土地を選んだ方がいいかもしれません。災害の発生を正確に予測する事はできないのですが、過去の事例などを参考にする事はできます。家を買ってからも、家具を固定したり、非常食や水などを常備したりという災害対策は必要だと思います。でも、生涯住むつもりの家を買うのでしたら、災害に遭いにくい土地を選択するようにするのが最も有効な対策といわれていますー